私のお店の事や日本テリア、お菓子、料理の教室について書いています


by capira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

蝉はけたたましい


 早朝はマイ日蝉の鳴き声のけたたましさに夏の暑さが倍増されます。
 といって近頃はドット減ってきてるのでこれも夏の風物だとは思いますが。
 朝夕の水まきの際に木に水をかけると飛んでいくので今朝はまづ写真を先に取りました。
 鳴いてるところを探すには木の影がゆれてるところだとわかりました。
 これは羽をゆすってるのですね。すぐに見つけられますが、揺れてるのでうまく写りません。
 早朝に庭で蚊に刺されながら写真を撮る姿は他人には見せられませんね。
 
a0114314_7463224.jpg
 
 
a0114314_7465657.jpg

a0114314_747256.jpg

a0114314_7474976.jpg

雑草に覆われた芝生に花の天敵バッタを見つけました。緑に同化して目立ちません。
 
a0114314_7541374.jpg

 裏庭から震災後表に移り住んだ大黒さもにも朝夕冷たいお水をかけて差し上げています。
 
a0114314_7555059.jpg

7月もあと1日となりました。
 まだ夏はこれからでしょう。猛暑に対する覚悟も必要です。
 7月最後の明日に一つ仕事があります。
 それが終われば後は盆踊りと地蔵盆 そして夏の終わりです。
 あとひと踏ん張り  無理しないで頑張りましょう!
Commented by fairy ring at 2012-07-30 15:27 x
クマゼミでしょうか・・・ばっちりですね。
クマゼミは ひときわ激しく鳴くのでしょうかね。
そのうちに関東にもクマゼミが 増えるかもですが・・・
こちらではミンミンゼミとアブラゼミをよく見かけます。家の近所ではまだ鳴いていないのですが 今日出かけたら樹のたくさんあるところでにぎやかない鳴いていました。
これからしばらくの間は 暑いのを我慢ですね~~
ご無理をされませんように!
Commented by B&J at 2012-07-30 15:39 x
こんにちは〜★
おぉ!新しいデジカメのズームが大活躍ですね?!(*^^)v
セミというのは、森林から聞こえてくる分には、夏の風物詩ともいえる鳴き声なのですが、近くの、それも自宅の庭で鳴かれると、目覚まし時計のようですよね。。。(-_^:)
イギリスは、北緯が高すぎるせいか、蝉の類はいないのです。。。
ただ、地球温暖化で、そのうちに蝉やフィラリアの蚊まで入ってくるのかもしれませんね。。。フィラリア薬のいらない我が家のワンズは、ちょっぴりだけ節約してくれています。(^^ゞ
大黒様!!家は商売はしていませんが、財宝に肖れそうですから、、どこかに飾りたいですね!(^_-)-☆
Commented by capira at 2012-07-30 17:44 x
fairy ring サマ
関東と関西では蝉の種類も違うのですね。ともかく近くだと鼓膜が破れそうです。ツクツクボウシはいいですがこれは夏の終わりですね。マイ日の暑さは言いたくないけれど暑いです!一日中冷房の部屋の中で節電はできそうにありません。
Commented by capira at 2012-07-30 17:49 x
B&Jさま
蝉の鳴き声は風流とは程遠く近くだと鼓膜が破れそうでした。そchじらではやはり気候のせいで生き物も違うのですね。蚊は我が家は庭に出るとすぐにかまれます。すごい数ですよ、ワンはフィラリアの薬を飲んでるので大丈夫ですが、6ヶ月のもセます。そちらはなしでいいですね。4匹の時はたまりませんでした。
大黒様は昔は裏庭で誰にも見てもらえなかったのが今は入口でお客様を迎えてくれてます。
Commented by Rooly at 2012-07-31 16:59 x
カピラ小坂様
ほんと暑いです。セミもうるさく鳴いてます。涼しいころから鳴いてたけど、
いまはもっとうるさい。セミって欧米にはいないらしくて、人気のドラマや
映画を輸出してもセミの声はカットされてしまうとか…日本の風情なのに残念。
蚊に刺されながらの撮影も大変ですね。
といってシャッターチャンスは逃したくないし…。
Commented by capira at 2012-07-31 18:49 x
Rooly さま
全国的に猛暑ですね。やっと7月が終わりますが、夏はまだまだこれからでしょうね。暑いと風情のある蝉の鳴き声もうるさく感じます。当分は冷房の中での生活が続くことでしょう。熱中症にくれぐれも用心しましょうね。
by capira | 2012-07-30 08:00 | 日記 | Comments(6)