私のお店の事や日本テリア、お菓子、料理の教室について書いています


by capira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

きものショー

a0114314_11454770.jpg

 近くに神戸女子大学があります。うちの二階にも3人そこの学生さんが住んでいます。
 ずいぶん前に生徒さんから被服課の先生が須磨寺は着物の似合う街だ といってられる と
 聞き、それが機会でご縁ができました。
 おもに家庭科コースで着物や和裁関係を教えていられるようですがご自分も夏でも着物姿です。
 以前のHP でも一度ご紹介しましたが、今回ここ須磨で着物ショーをなさいました。
 寒いので行こうかどうか迷いましたが出かけてきました。
 学生さん達の若いパワーをいただき、ルンルンで帰宅です。
a0114314_1185450.jpg

着物のルーツから始まり重要無形文化財に指定されてる夏のきものの紹介
 芭蕉布 宮古上布 越後上布 能登上布 そして現代の明石ちじみの紹介
 そして銘仙の着物の色々 で構成されていてなかなか楽しいものでした。
 バックにそれぞれに合った音楽を流していましたが、大好きな曲が流れてきました。 
 キャッチ フォーリング スター です。
  写真が多いですがサットでもお目どおしくださいませ。
a0114314_11191160.jpg
a0114314_11194592.jpg
a0114314_1120415.jpg
a0114314_11202596.jpg
a0114314_11204241.jpg
a0114314_1121423.jpg
a0114314_1121226.jpg
a0114314_11214242.jpg

 夏ものが終わり続いて銘仙の着物です。
 実はこの銘仙については以前先生が360枚の着物の中から100枚ほどの写真を
 おもちになり、いつの時代のものかわからないかとのお尋ねがありました。
 知人の80代の方をお呼びして色々と眺めましたが、あまりよくわかりません。
 と いうより関西では銘仙は安もの という感覚があり、私ももっていません。
 かすかな記憶では戦争後布団にしてたり、ねんねこにしたのを見たくらいです。
 その頃の銘仙柄はおもちの写真の中にはなくて、見たこともない華やかな柄ばかりでした。
 とてもお役に立つことができなくて、これは関東の人の方がわかると思い
 妹に頼んでその方面の方をご紹介したりしましてが、あまり詳しくはわからなかった様です。
 所が今回そのルーツの説明があり、驚きとともに、研究の熱心さにも感動デス。
 たかが銘仙されど銘仙 とでもいいましょうか?
 それを来てあらわれた学生さん達の華やかなこと やはり若い人向きです。
 参考までにその柄ゆきのルーツを
  ステントグラスのがら  キリム その他 
  ある日じゅうたんのがらをみてヒントを得 それから色々たどられたそうです。
 今年の4回生は知ることができたが昨年の卒業生は解らないままの卒業です。
a0114314_11421141.jpg
a0114314_11422784.jpg
a0114314_11424346.jpg
a0114314_1143023.jpg
a0114314_11431629.jpg
a0114314_11433331.jpg
a0114314_11435026.jpg
a0114314_1144986.jpg
a0114314_11442788.jpg
a0114314_1146851.jpg
a0114314_11462236.jpg
a0114314_11464581.jpg
a0114314_11476100.jpg

 ショーの1時間後からパーティがあります。
 若い方やご父兄は記念写真などの撮影で庭に大勢出ていますが私はサロンで一休み。
a0114314_11505039.jpg

 パーティは若い方が多くてやはり華やかです。
 4回生のご父兄と同席し、何かとお話ができました。
 島根からとか 娘さんからの連絡でおばあ様の着物をお出しし、今日娘さんが来ています。
 ご両親にとっても卒業の記念になり良かったことでしょう。
 着物ばなれの昨今こうして着物を着ることを覚え、その楽しさを知ることは
 学生生活の中でのよき思い出となることでしょう。
 神戸女子大学被服平面構成研究室 岡本先生に拍手!!1御苦労さまでした。
a0114314_11593766.jpg

 ↑岡本先生を囲んでの記念写真です。
Commented by fairy ring at 2012-02-21 14:46 x
うわ~ お着物のファッションショーでしたか~
上布を使ったお着物大好きです。
先日 昔のながらの能登上布は 海で晒されることを知ったばかりです。芭蕉布 宮古上布 越後上布と どれも手間暇がかかって とても高価で手は出ませんが・・・ 素朴で品があって大好きです。
後半の模様は とても現代的ですね。キリムも大好きなので 一時期 凝ったことがあります。なんでもそうですが ヒントは意外なところに隠れているものなんですね。
ラストのお写真 素敵なお洋服を着られたcapira さんが素敵です。
Commented by capira at 2012-02-21 17:10 x
fairy ring さま
若い人はこうして着物に触れ、研究し、そして楽しいショーにしたことがとてもうれしかったデス。12月に私が骨折 先生も腰痛で入院されたのでこうして無事にできて先生も感無量でした。今は手が出なくなった着物も提供会社があり、やはり良いものはいいですね。パーテーも着物姿の娘さん達でよかったです。あえてきものにしませんでした。、
Commented by b-and-j at 2012-02-21 17:47
こんにちは〜★
若い方達の着物離れが進んで、日本の伝統衣装は、普段着には使われなくなってしまったことを嘆いている方がいらっしゃいましたが、こうして、ファッションショーと同時に伝統の布地からの着物を、センス良くご紹介くださることは、「着てみたい!」という気持ちを膨らませる、良いチャンスですよね!
銘仙だからこそ、鮮やかな色が出せるのではないでしょうか?
上布とされるものは、地味目が多く、渋好みの方は別ですが、布のデザインをされる人たちにとって、チャレンジできない難点もあり、お値段も含めて若者向けではないところも多々あります。
本物の着物研究家だからこその、素晴らしいショーとなりましたね☆
Commented by Rooly at 2012-02-21 21:27 x
カピラ小坂様
きものファッションショー素敵ですね。
和服そのものはもちろん(着付けとか大変そうだけど)、
和柄の洋服にも興味アリです。
そういうのもおしゃれですよね。
Commented by capira at 2012-02-22 09:33 x
b-and-jさま
着物離れの日本でこうして着物の良さやルーツなどを教えている先生に今回は今まで以上に尊敬いたしました。銘仙に対する認識も少し変わりました。こうして若者が着るには最適かもしれません。生き生きしていました。きもの好きの私としても嬉しい一日でした。
Commented by capira at 2012-02-22 09:37 x
Rooly さま
きものは今は着るにも着つけてもらわないと切れない人が多くなりだんだん離れていくような気がしますがこうして学校でいろいろ教え そしてショーをしてみせる ということがいかに大事かと思いました。生徒さん達本当に生き生きしていました。被服科なのでまづ浴衣から縫っています。もちろん着物の洋服もですが
良かったですよ。
by capira | 2012-02-21 11:05 | 日記 | Comments(6)