私のお店の事や日本テリア、お菓子、料理の教室について書いています


by capira

<   2011年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

先輩たちがサロンへ


 先日高校の先輩がサロンへお越しになりました。
 ご予約いただいたころはまだこんなにも暑い日ではなかったので安心していましたが
 真夏日になり、おいでいただくのにさぞ大変だったことと恐縮しました。
 4人の先輩は皆さん現在はお一人の身です。
 一人は生涯独身 あとの3人もそれぞれご主人が亡くなっています。
 お一人はご主人なきあとホーム(リッチなところです)でお暮し。
 お一人は足が不自由になられて家の中を大改造しての一人暮らし。
 お一人は(彼女だけ子供がいます)娘さんと暮らしていますが息子がアメリカの
 アリゾナでガーデナーをしてるので毎年夏にはあちらへ避暑に行っています。
 皆それぞれの環境が違いますが、こうしてそろうのは初めてだそうでした。
 ゆっくりと食事をし、あとはむかしにもどっての懐かしい会話が延々と続きました。
 こうした時間を作るお役に立てと事がとてもうれしくて、途中からは私も参加です。
 皆さんそれぞれ年はとりましたが、まだまだお元気ですので、又、来年も
 そろって来ていただれることを願っています。
a0114314_9505960.jpg
a0114314_9511530.jpg
a0114314_9513199.jpg

私達の同窓もグループで時々会っていますが、以前は4年に一度同窓会をしていました。
 数年前にそろそろ世話もしんどくなり全員のは打ち切りといたしました。
 やはり皆それなりになり100名近くの人間を集める世話がしんどいのです。
 そんなことで当時の世話人達が今は年に何回か集まってはしゃべっています。
 今は当時の秀才も普通も関係なくワイワイ言っています。
 同窓会の時、毎回最後には全員が輪になり手をつないで歌を歌いました。
 そしてその後にさいごの挨拶が私の役目でもありました。
 今日は懐かしいその曲をお聞きくださいませ。
森山良子が歌う今日の日をさようなら ですが父の故郷明石がバックになっています。

by capira | 2011-06-29 10:02 | 日記 | Comments(8)

 毎日暑い日が続いています。
 そんなときにいかがでしょうか
  豆腐と鶏肉のスパイシー焼き
   材料 二人分  
      木綿豆腐1丁 鶏のささみ2本
     A プレーンヨーグルトカップ半分 トマトケチャップ大匙1
       カレー粉大匙1 サラダ油大匙1 塩小さじ1 
       にんにく 生姜 各一かけをすりおろす。
   作り方
      1.Aの材料をすべて混ぜておく。
      2、豆腐をしっかりと水切りしておく。
      3、ささみは筋を取り開いておく。
      4、Aに鶏肉と豆腐を漬け込んで半日かひと晩置く。
      5、オーブン 200度~約15分焼く
           (中火のグリルで表面がこんがりするまで焼いてもいいです。
         
       豆腐は横にスライスしてから4切れにカットしました。↓
       写真は材料がちょうど倍ですので、付け汁も倍作り
       豆腐とささみを別々の入れ物でつけましたが、ご自由にしてください。
     
a0114314_9285783.jpg


    夏野菜のグラタン
     材料
      なすび 4個 トマト3個 ズッキーニー2本 玉ねぎ1個(みじん切り)
      にんにく2片微塵切り ベーコン100g 緑ピーマン1個 
      赤 黄色ピーマン各半個 どちらも約5mmの輪きり
      オリーブ油大匙1 チキンスープ33cc ベイリーフ1枚
      オレガノ タイム セージ 等 少々(なければあるものだけでいいです)
      パルメサンチーズ100g 

     作り方
      1、那須は8mmくらいの輪きりして水につけてあくを取り
        高温の油で揚げておく。(水はしっかり拭いておく)
      2、トマトは5mm輪きりして水分をとっておく。
      3、ヅッキーニーを輪きりにし、鍋にチキンブイヨンを入れてベイリーフを入れ
        10分ほど煮て冷ましておく。
      4、フライパンにオイルを入れ玉ねぎ にんにくをしんなりするまで炒め
        ベーコン(1cm切り)を入れて炒めペーパーの上にとって油をきる。
      5.グラタン容器にまず4を敷き上に茄子 トマト ズッキーニー 
        ピーマン を並べ塩コショウをしオレガノ タイム セージを散らし
        チーズを振りかけて オーブン 220度~15分から20分焼く。
         (ヅッキーニーの代わりにカボチャもいいです。
          その場合は自ら茹でてください)
   
a0114314_9463991.jpg

by capira | 2011-06-28 09:47 | レシピ | Comments(6)

料理教室です。 6月25日


 ここのところ真夏日の日が続いています。
 そんな暑い中を生徒さん達は来て下さいました
 サア 元気にお料理をいたしましょう!
 今日のメニューは
  トマトの冷製パスタ 豆腐と鶏肉のスパイシー焼き 夏野菜のグラタン  デザートは 御菓子教室で好評だった バジルのシャーベット です。
a0114314_1611131.jpg
 
 暑い日にはこういうさっぱりとしたパスタも又いいものです。↑
 トマトだけで作ったソースを冷たくしたパスタに絡めます。
 このソースはイタリアでよく食べるブルケスタに使うものと同じなので
 余ったらパンに載せて召し上がったいただくこともできます。
a0114314_1616021.jpg

 ヨーグルトにカレー粉を入れてお豆腐と鶏のささみを一晩漬け込みました。
 これも夏には良いのでは?  ↑
a0114314_16182376.jpg

色とりどりの夏野菜をグラタン風にしました。お野菜がたくさん食べれます。↑
a0114314_1620147.jpg
a0114314_16203389.jpg

こうして生徒さん達と一緒にお料理を作り、おしゃべりをしながらのお食事タイムは
 私に何時も元気を与えてくれます。
 昨日のしんどかったのが嘘のようです。
 暑さも感じず 冷房も付けず 夕方にはウオーキングをしていましたのに
 昨日午後から突然しんどくなり自分自身驚きましたが、冷房をつけ
 早寝をして今朝は元気になっていました。
 やはり今年も暑さにやられそうな嫌な予感がします。
 グリーンカーテンを作りエコなどと思っていますが、やはり無理なようですね。
 暑いと我慢せず冷房のお世話になることにいたします。
 いつもと今日は趣向を変えて日本の頑張ってる歌手の音楽をいかがでしょうか、
 昔はあまり聞かなかった方々ですが、最近同世代と思うとなんだか気になり始めて
 時折聞いています。懐かしいメンバーが集まり、なかなか楽しい曲で
 チョッピリ元気が出てきます。

by capira | 2011-06-25 16:33 | 料理教室 | Comments(6)

真夏日


 夏至の今日は各地で真夏日となっています。
 特に関東方面は軒並み31度を超えてるようで、東北もなんと32度とか。
 これから先が思い悩みます。
 兵庫県庁は今日からサマータイムで職員は朝1時間半早くの出勤となりました。
 真夏日で熱い!と言われたいますが家ですべての窓を開けてるといい風が入って
 目下我が家はそんなに暑くはないのですが。
 でも夕方ウォーキング?に出かけるとやはり汗だくで帰宅となります。
 そんな中 我が家の庭の夏の風物?海紅豆が真っ赤に咲き始めました。
 夏は花が少ないですが、でもそこそこに咲いているお花をご覧ください。
a0114314_17515315.jpg
a0114314_17522493.jpg
a0114314_17524226.jpg
a0114314_1753642.jpg
a0114314_17532887.jpg
a0114314_17534487.jpg
a0114314_17535848.jpg
a0114314_17542269.jpg
a0114314_17544331.jpg

もう随分と昔に母の日にもらったカーネーションが地植えにするといつまでも
 咲いています。切り花にしてキッチンに飾っています。
a0114314_17573494.jpg
a0114314_17575058.jpg

このお花も切り花にして玄関に
a0114314_17585829.jpg

 サロン ド カピラの入り口は赤い花のトンネルをくぐってお入りください。
a0114314_1805633.jpg

by capira | 2011-06-22 18:03 | 四季の花 | Comments(8)

展示会に行きました

  
 
a0114314_14562486.jpg

 月に2回我が家のサロンで教室をされている吉織葉月画伯の展示会が先日ありました。
 西明石教室 明石教室 須磨教室の生徒さん達の作品展です。
 毎回寄せていただいていますが今回は会場が明石市立博物館で会場も広くて
 作品も約130点 他に先生のが12点 と大変な数です。
 こんなに広いところでは普通のお教室では出店できません。
 いつもなら作品を写すのですがここは禁止されていて何も写せませんでした。
 実はこっそり写したのですが、悪いことはできない物ですね、皆ピンボケでした。
 
a0114314_156102.jpg
a0114314_1562336.jpg
a0114314_1563676.jpg

a0114314_158163.jpg

ギャラリーは2回でこの広さです。二分割できるそうですが全部をお使いでした。
 1階が常設展示場で初めて来たのでひと回り見学しました。
 明石は父の出身地なので興味はあります。
 いろいろ展示されていましたが興味のあるのは源氏物語を中心に境界として
 明石を紹介してるコーナーでした。
 源氏が須磨に流されたのは知っていましたが明石にも来ていたのですね。
 明石では明石入道が親切にもてなし、そしてその娘との間に生まれたのが明石中宮です。
 明石も港町 須磨も港町 ただし須磨には山もありますが、どちらも昔のひとが
 好んできたところです。
 久しぶりんのんびりと館内を見て回り良い一日を過ごしました。
 せっかくの素晴らしい皆さんの作品がお見せ出来なくて残念ですが
 すべての作品が後日本になるのでその時にゆっくりと拝見できるようにと思います。
by capira | 2011-06-21 15:20 | 日記 | Comments(4)

年は過ぎゆきて


 5月になくなっった叔母の50日祭が今日ありました。
 私の父方はクリスチャン(プロテスタント)なので両親は教会でいたしました。
 そして小坂家の本家は神徒なので神主さんのお世話になります。
 ちなみに私はここ須磨寺にお世話になるので仏教となります。
 そんなことで3種類の祭りごとにそこそこ詳しくなりました。
 神徒とキリストは似た感じで初七日 49日がなくて10日祭 50日祭をいたします。
 今日はその50日祭で納骨もして最後に食事会をして終わりました。
 これで小坂の古い人が皆いなくなりました。
 ふと気がつくと私が長老となっています。あとはまだ皆若いです。
 母方も父方もどちらを見てもどうも私が一番年上のようで時代を痛感しました。
 本家の墓は神戸の鵯越にあり市内よりは少し気温も低いところです。
 過去の経験では雨か雪かであまり言い天気には恵まれていませんが、何と当日は
 梅雨の合間のお天気で無事終えることができました。
 神主さんが祝詞をあげている間、鶯がいい声で鳴いています。
 今頃珍しいことで、そしてこんなに上手に泣いてる鶯の声を聞くのは久しぶりでした。
 昔のように大勢が集まることが少なくなりつつの今日ですが今回も少なくなりました。
 喪主は一人っ子なので母親を亡くしさみしくなることでしょう。
 昔のように大勢が集まる機会はないですが、年に一回は食事会をという提案が出ています。
 
a0114314_16201378.jpg
 
 1963年のお墓での記念撮影です。ここの約半数はもう過去の人となりました。
a0114314_1622340.jpg

御昼はフレンチです。法事でフランチは珍しいですが、数か月前に故人がここで
 元気に食事をしたので、それをしのびここにしたのです。
 美味しく頂きました。
a0114314_16253869.jpg

a0114314_1625551.jpg
a0114314_16261443.jpg
a0114314_16263067.jpg
a0114314_16265642.jpg

昔は家長がいて新年会など何かと集まりごとをして大勢が集まっていました。
 上の様なテーブルが数卓ありましたが、今はずいぶんと小人数となりました。
 ちなみに上の写真は1966年です。こちらも半数はなくなっています。
 マア 元気で毎日を過ごせることが何よりと、今を感謝して暮らしていきましょう。
 
 
 
by capira | 2011-06-20 16:34 | 日記 | Comments(4)

バジルのジェラード


 この間教室で作りました、グラス オ シトロン バジリックのレシピを
 今日はお届けいたします。バジルのお好きな方には最適化と思います。
  材料 
   牛乳300cc グラニュー糖30g 蜂蜜90g レモンの皮1個すり下ろす
   バジルの微塵切り4g(もし乾燥を使う場合は2g~3g) 生クリーム30cc 
  
a0114314_1293189.jpg
 
   蜂蜜を計る時は使用する鍋で図ると便利です。
  作り方
  1、牛乳からレモンまでを鍋に入れて火にかける。
 
a0114314_12123926.jpg

2,全体が溶けたら水に付けて熱が取れるまで冷ます。
 
a0114314_12142226.jpg

  3、ミキサーに入れ、バジルも入れてミキサーにかける。
  4 全体が混ざったら生クリームを入れて、今度はほんの少しだけ回して終わり。
 
a0114314_12164049.jpg
a0114314_1217137.jpg

容器に移し冷凍庫へ  時々出して混ぜるとなめらかになります。
  混ぜた分です。↓ 以前作ったものです。フォークを使うと便利です。
 
a0114314_1219515.jpg

  出来上がり
 
a0114314_1220692.jpg

バジルの生があいにく手元になかったので今回は乾燥を使用しています。
 生の方が香は良いと思います。生は微塵切りしてください、(4gです。)
 乾燥を使う場合は少なくしてください。
 最初上に浮いていますが、混ぜていくと全体に混ざるので大丈夫です。
 今日は赤のベリーが私の食べる分だけ収穫できたので添えて頂きました。
by capira | 2011-06-17 12:25 | レシピ | Comments(8)

御菓子教室です 


 毎月水曜日に一回だけ御菓子教室をしています。
 あとはほとんどが土曜日ですが、水曜日がお仕事のお休みの生徒さんがいますので。
 そろそろお菓子も生ものはできなくなってきます。夏場は焼き菓子系となります。
 今日は私好みのお菓子 パンド デピス とバジルの入った冷菓です
 パンドデピスはいろいろな木の実とスパイスを入れるて焼くので日持ちもします。
 今日のは一般的のではなくて 柔らかパンド デピスです。
a0114314_154540.jpg
 
 なんだか只茶色いだけのお菓子に見えますが茶色はココアパウダーであと
 シナモン ガーダモン オレンジピール レモンピール レーズン 木の実 等
 が入り、甘みは砂糖少々と蜂蜜が大量に使われています。
 お好みでナマクリームのホイップしたのをかけてもいいかもしれませんね、
 そしてもう一つは グラス オ ミエル シトロン バジリック 
 長い名前ですが要は生クリーム 牛乳 レモン汁 バジルの葉 で作るアイスです。
 只ミキサーで混ぜるだけでとてもさわやかなお味のものが出来上がります。
 バジルを栽培してる方 又お好きな方は今夏用うにぜひおつくりください。
a0114314_15115586.jpg

 レシピは明日のお楽しみに^^^^^^
by capira | 2011-06-16 15:12 | お菓子教室 | Comments(6)

すごいんです!


 ちょっとオーバーな言い方かもしれませんが、生命力の強さに感心しています。
 ひとつは お庭にいっぱいはびこっている どくだみ
 これはもともとホッテいてもどんどん増えるものですがお花がきれいなので
 多少残して毎年せっせと抜いています。
 所が庭ではなく店の入り口のアスファルトの隙間からいつの間にか生えてきて
 これが抜いても抜いても、年々大きくなっています。
 土ではないので早々抜くのもたやすくなくてあきらめました。
 以前 加古川でやはりアスファルトから大根が生えてきて、ど根性大根となずけ
 TVに報道されました。 マア どくだみでは報道はされませんが。
a0114314_20525977.jpg
  
 庭のどくだみ↑とアスファルトから出てきてるどくだみです↓
a0114314_2054678.jpg

もう一つは家庭菜園?です。
 先日豆苗という野菜を買いました。ちょっと青みに使うつもりでかったのです。
 袋に切った後の根を水に漬けておくと数日で又芽が出る と書いています。
 この手はいつも腐らせて失敗するのであてにはしなかったのですが
 何と青々と芽が茂りました。又カットして使い、今日で二度目の芽が出ています。
 こういうのは、うまくいくと面白いですね、
 強さに感動しながら、毎日水をかえて又出てくるのを楽しんでいます。
a0114314_213061.jpg
a0114314_2131268.jpg
a0114314_2132752.jpg
a0114314_2134226.jpg


上とはあまり関連はありませんが力強いこの方の歌はやはりいいですね。
 いろんな時代に歌ってたようですがこれが一番だと思います。


by capira | 2011-06-15 21:07 | 日記 | Comments(6)

杏のマフィン


 どんな高級な市売のお菓子よりも、不格好でも手作りの愛情が籠もった家庭のおやつは
 美味しくて嬉しいものです。
 割るとなかから杏のジャムがトロリ~と のマフィンです。
 
  材料 直径約5cmの小の型で約10個分(型はお好みで大きくてもいいです)
    バター100g 砂糖80g 卵1こ 薄力粉200g ペーキングP小さじ1
    牛乳100cc 杏ジャム大匙約6

  作り方
    1、ボールにバターを入れ室温に戻し柔らかくしてホイッパーで空気をたっぷり
       含ませる。(電動でもいいです)
    2、砂糖を入れてよくすり混ぜ、白っぽくフワットするまで混ぜる。
    3、とき卵を少しずつ入れては混ぜるを繰り返していく。
    4、薄力粉 ペーキングPを一緒にして振るったものを約半分入れて混ぜ
      牛乳の半分を入れて混ぜ、残りの粉 そして牛乳と交互に入れて混ぜていく。
    5、杏ジャム大匙3程を生地に入れて混ぜる。
    6、型に生地を半分ほど入れてそこへスプ~ンで杏ジャムを少し入れその上に生地を
        入れる。
        注意 生地は膨れるので型の6分目か7分目くらいで良い
    7,オープン 180度~約30分ほど焼く。
  
a0114314_10421377.jpg
a0114314_10424913.jpg
 
型に少し多く生地を入れると上のように膨れてはみ出してしまうので要注意です。
 ちなみに杏ジャムはどんなのでもいいですが 今回は製菓ようの滑らかなものを
 使っています。
 マフィンは簡単でどなたでも一度はおつくりかと思いますが、一度これもお試しくださいませ。
by capira | 2011-06-14 10:48 | レシピ | Comments(7)