私のお店の事や日本テリア、お菓子、料理の教室について書いています


by capira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2010年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧


 お知らせ  日本テリアお客様コーナーの2009年版が完成しました。        

11月の料理教室の日となりました。
 きちんと準備をしたつもりでも昨日のこともあり、レシピの重複がありました。
 本日のメニュー  レンコンとコンビーフの春巻き(3月にしてたのを忘れてました)
             ミートボール バルサミコ酢と赤ワインソース入り
             カニかまぼこ入り、ドレッシングのサラダ
             紅茶豚 (来年結婚される方のために特別に)
             蒸しパン
        以上です。
 まだ新しい生徒さんで来年結婚をされる方がいます。教室のレシピで、これは便利だから
 ぜひ覚えてもらいたいものなどがあるので、従来の生徒さんには重複しますが、少しずつ
 取り入れています。本日は好評の紅茶豚をお教えしました。
 お正月のおせちにでも加えていただければ嬉しいです。
a0114314_1571985.jpg

 レンコンをすりおろし コンビーフと玉ねぎの炒めたのを入れた春巻きですが
 3月にしました と言われて初めて気が付きました。でも今日の方が上手に揚がったそうです。↑
 ミートボールのバルサミコ酢と赤ワインソース煮です。↓ パンにもあいます。
a0114314_15111665.jpg

a0114314_15114384.jpg

ドレッシングがちょっと変わっていて美味しいのですが。珍しい黄色のカリフラワーを見つけたので
 レタス きゅうり 等と合わせて使いました。↑
 紅茶豚です。たれの中に茹で卵を一緒につけて付け合わせにしました。↓
 豚の種類をいろいろ変えてみると又お味が違いますので、お好みのを使ってください。
a0114314_1515156.jpg

 デザートは簡単にできる蒸しパンです。↓
a0114314_15172398.jpg

生徒のお母さまから手作りのこんな素敵な絵付けの容器を頂きました。
 桜の模様がきれいです。何を盛ろうか?考えるのもまたたのしみです。↓
a0114314_15192715.jpg

by capira | 2010-11-27 15:20 | 料理教室 | Comments(6)

ねね さん の思いで


a0114314_16535510.jpg

 本日11月26日は ねね の49日となります。
 アット言う間に日が過ぎました。
 ハリ とラペとの生活はとても静かです。
 今更ながらに ねね の存在がどれだけ偉大だったかがわかる毎日です。
 ソ~ット後ろにいるだけでも、統制がとれていたのです。
 今日もねねを知ってる方から、綺麗な花が届きました。
 ねねがはじめてこちらにきて、そして日本テリアを初めて抱いて下さった方も
 きてくださいました。当時の話がしばし出てきます。
 獣医さんも 日本テリアを触ったことがないので、見に来られてはじめての手触り と
 いっていました。 懐かしいです。
 たくさんのお花に囲まれた ねね と 懐かしい写真を少し出してきました。
a0114314_1725072.jpg

a0114314_1734283.jpg

生後2ヶ月目に八王子のブリーダーさん宅から連れて帰り、東京の妹宅でお披露目しました。
 ねね も  私も 14年前はこんなでした。 ↑
 ↓ 連れて帰り たぶん生後3ヶ月の ねねさんです。
a0114314_17650100.jpg

 最後のフアミリーの写真となった6月に写したものです。
 ラルフパパがカレンダーにしてくれました。
a0114314_17834100.jpg

みみさんのベビー そして みみさん が眠ってるところのある樹木には3ヶ月前から
 赤い実がなり 今も色ずいて ねね を待ってくれているようです。
 もうしばらく待っていて下さいね。
a0114314_17113433.jpg

 かわいいクリスマス柄の容器にも飾ってみました。
a0114314_171226100.jpg

 14歳で亡くなったのですから、年齢的には仕方がない と言えるかもしれません。
 以前飼っていたドーベルも14歳で亡くなりました。
 只 16歳と19歳の日本テリアがカピラへ来てくれているので、その子達とつい比較を
 してしまい、ねねの死が早く感じて悔やまれましたが、今は、16歳のふーちゃんが
 少しでも長生きをしてくれることを願う気持ちのゆとりも出てきました。
 みみ ねね 共に沢山 沢山 の事を私に教えてくれました。
 特にねね は 年と共に足が弱り、階段の多い我が家の、あちこちを用心をしていました。
 最終的にはすべり降りて 上がる時は吠えていましたが 
 ゆっくりと降りては 私にここは用心しなさいよ!と教えます。
 おかげで今は教えにしたがい、ゆっくり そして手すりを持ちながら降りています。
 よたよたと歩く姿がわが身のようで、見ていて悲しい思いをしましたが、
 これも教えと とっています。
 残された ハリとラペを見届けるまでは私も元気でいなければなりません。
 一日一日を大切に 無理せず ゆっくりと 過ごしていこうと思います。
 ねね さん いろいろ有難う!!
そして ねねさんをかわいがってくださった方々にも心からお礼申し上げます。
 ねねのいなくなったカピラですが、どうか今まで通りにおいでくださいませ。
 心からお待ち申し上げます。







  
a0114314_17322516.jpg

by capira | 2010-11-26 17:34 | 日本テリア | Comments(8)

 お知らせです カピラHPの日本テリア コーナーで 
 一年間にこられお客様をまとめてアップしています。
 2009年版が出来上がりましたので、よろしくお願いいたします。
  日本テリアのお客様 11月22日に東京から蔵吉ファミリーがやってきました。
 毎年春と秋に関西方面に旅行するのがフアミリーの行事となっています。
 蔵吉君はカピラを覚えてくれて須磨からだと、リードを引っ張り先導してやってきます。
 今回は依然このコ-ナーでご紹介した神戸長田に住む3匹のワンちゃんに声をかけました。
 1匹は例の保護された足の不自由な子です。
 が 驚いたことにこの子たちは全員が長田から歩いてやったきました。
 距離を言えませんが車で約10分ほど バスは5駅程の、ともかくジョギングでもしんどいです。
 全員が元気にやってきました。もちろん帰途も同じでした。
 まづは変わらない蔵吉君から (もちろんボクサーも一緒です)
a0114314_20245525.jpg
a0114314_2026890.jpg

 ↑蔵吉クンと保護されていた 皐月クンです 足が不自由でもとても元気な子です。
 
a0114314_20285298.jpg

 ↑ 紬チャン 1歳3ヶ月 と ↓ 幸丸君 10ヶ月です。
a0114314_20304131.jpg

a0114314_2031183.jpg

 ファミリー 3匹です

 みんなが揃ってとても楽しそうでした。ごちゃごちゃです・
a0114314_2033145.jpg

a0114314_20333287.jpg

 紬チャンと幸丸君は同じ犬舎からですが紬チャンはこじんまりとした昔懐かしい体系で
 幸丸君はどちらかといえば、がっちり系
 がっちり系が最近は増えてきましたので 出来れば紬ちゃんに期待をかけたい気持ちです。
 皐月ちゃんは浜松のおみチャンの所に引き取られた雪ちゃんと同じ出なので
 又機会があればおみチャンファミリーとも、あっていただければ、喜ぶことでしょう。
 我が家の2ワンは相変わらず、一寸興味を示すだけで自分の部屋へ行ってしまいました。
 でも ねね亡きあと、こうして今まで同様に訪ねてきてくださることに心から感謝いたします。
 楽しいひと時でした。
by capira | 2010-11-24 19:59 | 日本テリア | Comments(4)

生徒さん達と京都へ


 11月20日連休の土曜日に京都へ出かけました。
 私の勘違いで日にちを決めたので仕方がないのですが、京都は今、観光客でいっぱいです。
 いつも乗る電車も満員ですし、街中は人でいっぱいです。
 今更日にちを変更することもできず、観光はしないで、目的のところへ出向きました。
 私のお菓子の師でもあり毎月講習を受けに行っている西原金蔵氏のお店へです。
 先生はお菓子店 オ グルニエ ドールを10数年前に開かれました。
 当初奥さまと二人でささやかに とのお気持ちでしたが、そうはいきません、
 毎日美味しいお菓子を求めてお店はお客様が並び、たちまち評判になりました。
 おいしいものは誰でもわかるのです。
 そこでお菓子教室もされて、第一期生となり現在まで通っています。
 TEAサロンもお店の狭い入口でされていましたが、このたびエスパス キンゾウの
 お隣に新しく サロン ド テ グルニエドールが開店いたしました。
 そしてそこには息子さんがフランスから帰国して手伝っています。
 若者の新しい感性と金蔵先生の感性とのコラボで素敵なお店です。
 今日の目的はそこで美味しいお菓子をいただくことです。
 カットのお菓子も食べれますが、ここでしか食べれないコースを皆さんといただきました。
 町やのたたずまいを生かした素晴らしいお店です。
 まずは正面から
a0114314_1812574.jpg

 入口はサロンという感じはしませんが、すぐに目につきます。↑
 お店を入ったところは、ケーキやさんという感じもしますが、奥はまた違います。
a0114314_18145372.jpg

奥の席には中庭を横目に渡り廊下を通ります。
a0114314_18162840.jpg

a0114314_18164874.jpg

中庭を眺めながら、コースを楽しませていただきます。
 最初にちょっとしたパフォーマンスでお出迎え、
a0114314_18185856.jpg

 最初マシマロかと思いましたが、レモンの香りのお湯を注ぐと、何と お絞りです。
 コースのご紹介↓
a0114314_18211932.jpg

a0114314_1821393.jpg

お皿に綺麗に乗ってるのを自由な感覚で壊して中のフルーツ類を出して好きにいただきます。
a0114314_18234121.jpg

a0114314_18235871.jpg

a0114314_18241648.jpg

a0114314_18243619.jpg

これでコースは終わりましたが、実はカットのお菓子も別にいただきました。
 一同美味しく頂き大満足でした。
 金蔵先生と息子さんです。
a0114314_18271219.jpg

 そしてその後まだ一般には使用していないお二階を案内してくださいました。
 こちらでも又感動です。
a0114314_18293542.jpg

a0114314_183544.jpg

a0114314_18352352.jpg

a0114314_1835421.jpg

まずは広い空間で沢山のスピーカーがあります。
 そしてキャビネットの中にはCDがいっぱいです。
 先生のご趣味を初めて知りました。音楽が大好きで、どうも音にもこだわりがあるようです。
 jジャズのCDからしばし話がはずみました。(エラとルイアームストロングの演奏もおもちです!)
 壁の本棚が何か?おきずきでしょうか?
 昔フランスでよくしていた、だまし絵です。
 ここは京都 そして中庭のある町やです。お二階も、もちろんお座敷がありました。
a0114314_18475217.jpg
a0114314_1848634.jpg

a0114314_18482130.jpg
a0114314_18483812.jpg

a0114314_18485669.jpg

御座敷にかけてある書は先生のおじい様の作品だそうです。
 趣味を同じくする人たちと、美味しいものをいただき、お話を楽しみ
 そして思いがかなくも、お店の中を案内していただき、本当に楽しい時間を頂きました。
 行楽日のお忙しい中、わざわざお時間を作ってくださった先生には心から感謝をいたします。
 町中は人であふれたいあんすが私たちは静かな時間がもてました。
 せっかくの京都で紅葉も見ないで と お思いでしょうが、満足な一日でした。

 せっかくの紅葉の時期です。お友達が楓の紅葉を送ってくださいましたので、
 それを楽しませていただきましょう。
a0114314_1856579.jpg

a0114314_18571541.jpg

by capira | 2010-11-23 18:31 | 日記 | Comments(6)

 私の父には二人の妹がいます。
 父の亡きあと、皆それぞれに高齢で施設に入っています。
 姉の方は芦屋のホームへ 
 そして妹は明石で一人暮らしをしていたのに。母が亡くなったのち、父が東京を引き上げて
 帰ってきて、妹と二人で暮らしていました。
 元気印の叔母は病気になったことがなく、将来兄(私の父)の面倒を見るようになるのでは・
 と 案じていたところ、クモ膜で救急車で運ばれ一命を取り留めました。
 御医者様には手術中で亡くなるか 手術が成功しても一生介添えの必要がある 
 と言われたいました。 が リハビリの効果で一人歩きもでき、一人で食事もできるほどに
 回復してきました。
 でも 一人暮らしは無理なので、当時出来たばかりのグループホームへ入居しました。
 こういうところも入居には長い待ち時間がかかるようですが、介護をしてる弟の嫁が
 オランダから通い、熱心に見てくれるので比較的早くに入れたようです。
 子供のいない叔母は弟夫婦を養子にしているので、今こうして面倒を見てもらえます。
 が いつもお嫁さんには頭の下がる思いです。
 今回 10年近く入居していたホームでは車いすになった叔母の世話が不可能になり
 次の行き先をお嫁さんが探し、ホームの方の紹介で14日にお引越しとなりました。
 家具は同じものをそのまま待っていき、状態があまり変化の内容にします。
 娘が昨日は荷物運びを手伝い、出来上がった本日 私はいきました。
 以前のところよりは距離は近いのですが、車だとかえって遠くなり、一寸疲れました。
 が 明石から電車だと駅から5分なのでお嫁さんには便利になります。
 初めてグループホームを訪れたとき明るくて奇麗なのに驚きましたが
 今度の プライム江井島 もなかなかです。
 ここは要介護の老人施設なので安心です。
   初めてのグループホーム 恵泉 です↓
a0114314_11264917.jpg

a0114314_1127328.jpg

グループホームは一人でできることが一応の条件です。
 この施設で10年も入居してる人は皆無です、ほとんどが数年で動けなくなるかどうかで
 変わっていきます。叔母はそんな中皆さんのおかげで10年もいさせていただき感謝です。
 新しい今度の施設です。 外は青々とした草茂り、向こうに新幹線が走っていました。
a0114314_11321873.jpg

a0114314_11323189.jpg

a0114314_11334930.jpg
 
 立派なロビーです。↑  叔母の部屋の表札です。↓
a0114314_1135385.jpg

a0114314_1136630.jpg

叔母の部屋です。ワンルームで好きな家具を置くことができます。
 これからぼつぼつ片付けていきます。
 フロアーが広くて、お食事の場所も明るいです。
a0114314_11385673.jpg

a0114314_11392254.jpg

老人が多くてどこも待ち時間がずい分とかかる中、こうして入居できることは
 大変にありがたく思います。
 が 20代で結婚し、数か月で戦争で主人を亡くした叔母がズ~ット一人暮らしをし
 今 ほとんど見分けもつかない状態で、延々と生きてることに、これが叔母の人生か と
 思うと 良いのやら 悪いのやら わかりません。
 近くに住んでいてあまり見舞いにもいかない私も、いい加減ですが
 こういうところへ行くと 帰途、必ず具合が悪くなるので、堪忍してみらっています。
 案のじょう 夜から下痢がはじまりました。
by capira | 2010-11-16 11:47 | 日記 | Comments(4)

11月のお菓子教室です。


ずい分以前から一度は作ろうと思いつつ延び延びになっていたお菓子を今月はいたします。
古くからある伝統のもので ババ というお菓子です。
お菓子にはそれぞれできたときのいわれがあります。
そういうお話も教室ではしています。
今日のババ はポーランドの王様だったスタニスラス レクチンスキーが考案者です。
王が好きなイースト菓子(クグロフ)にラム酒をたっぷりかけて食べたところ、大変においしいので
アラビアンナイトの熱狂的ファンだった王はさっそくアリババと名をつけたそうです。
のちにパリのお菓子屋さんでばばという名で売り出されました。
又のちにジュリアンという菓子職人がラム酒やキルッシュを浸したお菓子を作り 
美食家の名前をつけてブリヤサバランというお菓子を作り、これが現在のサバランです。
サバランは以前はホテルなどのデザートによく出てきました。
が 洋酒に好みがある人には好き嫌いがあるようでした。
本日のババのシロップは アールグレー 白ワイン ラム酒 レモン汁 オレンジ汁で
作りましたので皆さん口に合った様でした。
発酵菓子ですが一次発酵だけなので意外と早くに出来上がります。
只 冷たく冷やした方が美味しいです。
 まずは今田美奈子先生の著書から↓
a0114314_10263926.jpg

 ↑ ババ  ↓ブリアサバランのいろいろです。
a0114314_10274992.jpg

お教室では少し趣向を変えてお皿に盛りつけてみました。ちょっとリッチな感じに!
a0114314_10294798.jpg

a0114314_10305100.jpg

a0114314_103114100.jpg

スポ^ドの食器に一つだけ乗せてみました。
 実はこのカップはカピラの店の飾り棚の一番上に飾っていたものです。
 震災で店の棚の上のカップ類は見事に落ちて破損してしまいました。
 が 何とこのカップは傷一つなく無事に落ちていたのです。
 大事な思い出の品です。
 当時いささかお高くて何度も店に通い一客だけ購入したのです。
 今あまりお店では見かけなくなりました。
 他に 栗蒸しようかん と 簡単クッキーです。
a0114314_10382387.jpg
a0114314_10385954.jpg

a0114314_10415695.jpg

クリスマス用は来月にする予定です。
by capira | 2010-11-14 10:39 | お菓子教室 | Comments(6)

穏やか? 静かです


 ねねが亡くなり ハリとラペ 2匹との暮らしになると急に毎日が静かになりました。
 へやの中での足音も少なくなり、鳴き声がしなくなり の日々です。
 もともと日本テリアは無駄吠えはしないのであまり泣きませんが
 食事時間30分前には吠えていた ねねの声がなくなり少しさみしいです。
 2匹は食事時間には部屋のドアをカリカリしますが吠えません。
 母親のねねと11年間寄り添って寝ていた おく手のハリが時々ヒーヒー言ってます。
 母親のみみとラペは3年ほどしか一緒にいなかったのでみみが亡くなった時
 少しうろうろしていたラペですが、一人に馴れるのは早かったです。
 ハリはねねが亡くなる寸前までひっついて寝てたので一人に馴れるのがまだできません。
 やはり若者は強いです。ラペは巧みに生きていきます。
 お互いに性質も違うので、目下あまりかかわらないように、なるべく離れています。
 ラペは強いけど ハリさんをよしよししたりすると横から入ってきます。
 自分も撫で撫でを要求し、ハリを押しのけてしまいます。要領はいいです。
a0114314_2236061.jpg

 家へ入る時に足をふくのには椅子の上にあげて拭くのですが
 みみさんは自分から上がってくれていました。ラペもおねじです。
 ねねとハリは椅子に足を置き、私が抱き上げて椅子に乗せます。
 ある日、自分も抱いてもらおうと、自分で上がらないで椅子に足を乗せるラペですが
 知らん顔をしてたら自分で上がってくれました。↑
 部屋では お互いに一線ひいていますが、要領のいいラペはストーブの前です。↓
a0114314_224218100.jpg
a0114314_22424585.jpg

今カピラをやっているラルフままの出勤時間8時半になるとラペは横手で待ちます。
 ラルフままが おはよう!ラペちゃん かわいいね!!と言ってくれるのでうれしいのです。
 そして最適の場所を確保しました。店をのぞけます。たまには内緒でおやつも。
a0114314_22471114.jpg
a0114314_22472946.jpg

ラペはドアが閉まるまでこの状態です。その頃ハリはハウスで寝ています。
 部屋へ入りたくなったラペは窓ガラスをカリカリして 入れて!と でも決して吠えません。
a0114314_22541347.jpg

 今 毎日がこのような状態で暮らしています。
 ハリさんも11歳を過ぎ、やはり少し年をとったのでしょうか?
 階段の多い我が家の家周りの一部を躊躇するようになってきました。
 まあ 喧嘩などしないで何とか仲良く 末永くともに生きていてほしく思います。
by capira | 2010-11-13 22:59 | 日本テリア | Comments(4)

 今日は1ヶ月ぶりのエスパスでのお菓子講習会に出かけました。
 朝9時の電車に乗ると調度11時から始まるのに間に合います。
 講習が11時から約4時間ほど  試食タイムがそれからです。
 お昼を食べてないので試食を全部食べるといささか苦しくなります。
 そんなことで何時も半分はお持ち帰りをしています。
 帰宅が5時過ぎで 約8時間強一日座りどおしで過ごします。
 近頃は少し体力的には疲れが出てきましたが、でもいく価値は十分あります。
 今日も素敵で美味しいお菓子をしてくださいました。
 クリスマス用にもなります ポワール フランボワーズ と ホレ フレーズです。
 どちらも是非作りたいですが今年のクリスマスケーキは先日試作をしてしまったので
 今年は作らないでしょう が いつか作ろうと思います。
 セッティングはいつもながらの華やかさです。
a0114314_1854277.jpg
a0114314_18544521.jpg

↓ホレ フレーズです。タルト生地にピスタチオの「クリームを敷きイチゴを乗せて
  クリームもピスタチオペーストを入れたものを絞ったとてもリッチナなお菓子です。
a0114314_18591851.jpg

 ↓ ポワール フランボワーズ ポワールのムースにフランボワーズ入りナパージュをかけて
  赤を主張した華やかで甘スッパイお菓子です。
a0114314_1923442.jpg

いつも丁寧に詳しく説明をしてくださる西原金蔵先生です。
a0114314_1942020.jpg

 ↓私の試食分 ひとつはお持ち帰りしました。
a0114314_1951229.jpg

帰途グルニエドールに寄りこの季節にしかないモンブランをお土産に、
 店内もとてもシックです。
a0114314_1974974.jpg
a0114314_198664.jpg
a0114314_1982472.jpg

by capira | 2010-11-09 19:11 | 日記 | Comments(8)

今年もきました


 毎年今頃に送られてくるチューリップの球根が今年もオランダから届きました。
 今年は沢山なので娘のところへも届けようと思っています。
 今から植えても咲くのは来年の春なので、その間プランターの中がさみしいです。
 良いお天気を選び土いじりをしようと思っています。
a0114314_146396.jpg

 庭の紅葉が今年は一段と遅くて、いまいちです。
a0114314_1472888.jpg

そんな中お正月に使いたくなる実が赤くなっていました。
a0114314_1484879.jpg

 そしてそろそろクリスマスの準備も^^  ジアンのクリスマスプレートが届きました。
 今回も赤が主で可愛い絵柄です。
a0114314_14114079.jpg

イルミネーションは中頃につけてもらう予定です。
 なんだか今年はとても早くに終わるような気がしています。
おまけ 今年は植物の生育がおかしいのはどの地方でも同じようです。
 時々ご自分宅の庭の花の写真を送ってくださる方から、今咲いてる
柊とサフランの写真が送られてきました。
 普段は今頃ではないそうですが。
a0114314_14234586.jpg
a0114314_14241584.jpg

by capira | 2010-11-06 14:13 | 日記 | Comments(6)

霜月


 早11月になりました。
 あの猛暑が嘘のような毎日です。
 食欲の秋 芸術の秋 読書の秋 です。
 そんな中の読書は近頃はあまりできなくなりました。
 料理やお菓子の本を見るのが精いっぱいです。
 が フト 以前頂いた BABIES の写真を手に取り眺め始めましたらとまりません。
 プロの写真家が動物のベビーばかりを撮っているのですが、なんともかわいいのです。
 世の中で子供ほど可愛いものはいません。
 人間の子供も当然ですが動物の子供も本当に可愛いですね。
 以前本の少し取り上げた事がありますが、今日も御覧くだされば嬉しいです。
  まづは私たちによく似た動物が赤ちゃんにおっぱいを飲ませてるところを!
a0114314_16441037.jpg
a0114314_16443131.jpg
a0114314_16445869.jpg
 
上から チンパージー ゴリラ マントヒヒ です。お母さんの顔をみてください。
 次はクマですが、今各地で熊が民家に来てあらしてるのが報道されています。
 兵庫県但馬でも被害が相当出てるようです。
 山で食べるドングリが今年は少ない層で、要するに自然の食べ物がなくて、仕方なく
 人間のところへ出てきてあらすのでしょう。
 人間が山を開拓してきたからで、但馬では目下不作の作物を山でまいたり、 
 ボランティアで植樹をしていますが、これも実績が出るまでには年月がかかります。
 先日は子供の熊が捕獲されていました。
 飼育して人間に危害を与えないようにして山へ帰すと いっていますが、出来ますかね?
a0114314_1654812.jpg

a0114314_16542861.jpg

↑アメリカクログマ  ↓ツキノワグマ (この種類のクマは先日出てきていました)
a0114314_16563028.jpg
a0114314_16564760.jpg

 自然界でのびのびと戯れてるのを見てると微笑みが出てきます。
 次はちょっと楽しいショットを見つけたので どうぞ!
a0114314_170399.jpg

 うさぎさんのおしりと日本テリアのおしりです。(ハリか,みみのベビー時代ですが迫力負け)
a0114314_1775121.jpg

 ハリさんが紐を引っ張ってるこの写真はわたしのお気に入りなんです。
by capira | 2010-11-01 17:09 | 日記 | Comments(6)