私のお店の事や日本テリア、お菓子、料理の教室について書いています


by capira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2009年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧


カピラの教室でお教えしているものなど、簡単なものをHPにて19回アップしてまいりました。
20回目の今回よりコチラでアップさせて頂きます。
今回は28日の教室で作りました ポルトガル風 スポンジケーキ です。
コレは粉 砂糖 が同量と卵だけで作れます。
今回は  砂糖 と 薄力粉が各 60g 卵 4個 です。
  作り方
    1、卵は卵白と卵黄に分けて、まづ卵黄に砂糖30g入れて白っぽくなるまで混ぜます。
    2、薄力粉を入れて混ぜます。
    3、別のボールに卵白を入れてハンドミキサーにかけ、途中より3回に分けて砂糖を入れ
      しっかりとしたメレンゲを作ります。
    3、卵黄のボールにメレンゲを3回に分けて入れてあわせていきます。
      あわせ方は↓の写真をご覧下さい。
    4、全体が合わさったら型に流し平らにして オープン 170℃~約25分
      (20cm丸型使用)
a0114314_18185927.jpg
a0114314_1821060.jpg

 今回は出来上がったお菓子の上に抹茶を少し振っています。
 粉を少し減らして其の分抹茶を入れても良いでしょう。
 食感はシフォンケーキのような感じです。当日召し上がる事をお勧めします。
by capira | 2009-03-29 18:26 | レシピ | Comments(4)

2月お休みをしたので久しぶりの料理教室となりました。
春のお料理の予定が3月末になると菜の花等が終わりになり時期遅れのようになってしまいました。
 菜の花のスープ 新キャベツのサラダ 椎茸と鶏のもも肉のエシャロット炒め
 スプりングング ロール  ポルトガル風スポンジケーキ   です。
菜の花は終わりになりかけているので今後はブロッコリーなどででも作れます。
スプリング ロールは春巻きでまくので 名づけました。カレーソースをかけてオープンで焼きます。
ポルトガル風スポンジケーキは 砂糖 粉 卵 だけで作る簡単なお菓子です。
作り方も下記に明記させて頂きましたので宜しければお作りくださいませ。
a0114314_1615418.jpg

a0114314_16153941.jpg
a0114314_1616729.jpg
a0114314_16162374.jpg
a0114314_16165023.jpg
a0114314_16181393.jpg

by capira | 2009-03-29 16:22 | 料理教室 | Comments(0)

2月24日の読売新聞に講談社が過去最大の赤字 と記事が出ていました。
確かに現代は各出版業界も大変な状態のようです。
カピラではお客様用に数冊の雑誌を取っています。
婦人画報 四季の味 暮らしの手帳 毎日が元気 カフエ スイーツ FOOGA(フーガ) 等
暮らしの手帳 はご年配の方ならご存知でしょうが、故花森安治氏の意思を告いで今も出版中です。
毎日が元気 は年配者向けの本で年間購読のみの受付ですが、なかなか面白くて役にもたちます。
四季の味 や カフェスイーツはどちらかといえばわたしの勉強用です。
そしてお馴染みのないのが FOOGA ではないでしょうか。
今日は其のFOOGAをご紹介したく思います。
コレは宇都宮市にある出版社が出している月刊誌で主に宇都宮のことが多くかかれています。
読んでいて何時も感心するのが 宇都宮市には文化人が多いなあ!!と云うことです。
一冊500円でコレだけ読み応えのある月刊誌は他にはないかも知れません。
神戸にも 神戸っ子 他 の本がありますが内容は雲泥の差です。
本自身をはじめて知ったのは わたしのお菓子の師 西原金蔵先生のお菓子が表紙に出て目にとまったのが
最初です。お菓子の本にしては聞いた事のない本なのでなんだろう?と興味がわきました。
西原氏は宇都宮出身でもないし、在住もしていません。
それでも 素晴らしいパテシェという事で取り上げていました。
私達が常日頃感じている人柄 や その他を見事に表現してあり、其の表現力の鋭さ 素晴らしさ 等
にすっかり魅了され、以後 編集長の高久氏との少しお付き合いが始まりました。
一昨年関西にこられたので足をのばして頂き須磨にてお会いしました。
彼のblogにはその時の様子がかかれていますが、案内したレストランのこと スタッフの事
料理の事は、やはり巧みな文章で褒めて下さいました。
そして初対面のわたしの印象を 元祖モダンガール と言えばお年が想像できるが と、
一応全ての文章は先にお知らせがありましたが、異存はないのでそのままのせていただいています。
が 正直なところ、お若い方から見ればそう見えるのでしょうが、まだ自分の年齢に自覚のなかった
私は、元祖ならもっと沢山人がいるのになあ!!と思いました。
神戸には昔からモダンガールは沢山いました。皆大先輩です。
でもそれも遠い昔の事、今健在なのは私達の年齢かも知れません。
話しが横道になりましたが このFOOGAをもっとしって頂きたくご紹介いたします。
a0114314_1525843.jpg
a0114314_1533687.jpg

a0114314_1541880.jpg
a0114314_154455.jpg

FOOGAの語源は日本語の 風雅 と 音楽技法のフーガだそうです。
編集長 コンパスポイント経営者 publisher editor in chief
高久多美男 1959生まれ
これからこう言うお若い方が忘れかけている日本を紹介し、活躍してる人たちを紹介されるのは
大変嬉しい限りです。
そして『この不況の中 又 新しく本を出版されます。
 日本を知る事 日本人としての誇りを醸成する本です。↓
a0114314_15144547.jpg

  一点の曇りもない 志高き雑誌が 一つぐらいあってもいいじゃないか
 私がひそかに感動しささやかなエールを送ろうと思いつつまごまごしていたら
 世の中 捨てた物ではないようで、応援する人 賛同する人も 現れています。
 皆 日本が大好きなんです。 何とかしたいのです。
 頑張ってくださいませ!!

   コンパスポイント 本社 〒321-0925
宇都宮市東築瀬1-13-2
       ℡ 028-636-3833 fax 028-634-2487
http://www.compass-point.jp
e-mail fooga@compass-point.jp
by capira | 2009-03-28 15:37 | 日記 | Comments(2)

 関西 特に神戸方面の住民が春になると家庭で作って知人に送る 毎年の行事?があります。
 それが 春の風物詩 いかなごの釘煮 です。、
 いかなご トハ 一見ちりめんのような小さな魚です。
 名前の由来は 昔 いかなる魚の子なりや(どういう魚ですか?)と聞かれたのが 
 いかなご となったとか・
 玉筋魚 japanese sand lannce スズキ目 イカナゴ亜目 イカナゴ科に属するとのこと・
 主に神戸須磨 垂水方面でミヅ上げされ、それを佃煮にして保存食にしていたようです。
 昔は庶民の食べ物として 保存食として 家庭で作られていましたが、
 ココ数十年前から家庭で作り いろんな人に送ルことが一年の行事となりました。
 以前は私も作っては送ったりした物です。
 が この庶民の食べ物が近年異常な値上がりで主婦を泣かせています。
 昔はほぼタダ同然 それから1キロが500円 800円 1500円 年々上がり 
 今年は2800~3000円。
 1キロで出来上がると約700Gほどになります。
 醤油 ザラメ しょうが が主な調味量で後は各家庭で少しずつ違います。
 が皆自分が作るのが一番のご自慢です。
 今年はとても高くてなかなか買えづ 何時ものように外を歩くとアチコチから匂いがする 
 ことが少なくなっています。
 いくら高くなっても所詮イカナゴです。タイではありませんから高級品とはいえません。
 そんなイカナゴを今年もご近所の奥さんから頂きました。
 彼女は一年間イカナゴ貯金をして数十キロ炊き 配っていますが今年は少しにしていました。
 数十万円かかりますから大変です。
 東京の方は こうなご と間違えられますがよく似てますが違います。
 関西方面にのみミヅ上げされるものです。
 いかなご でこんなに説明をするのも可笑しな事ですが、
 地球温暖化で水温が上がり年々解禁が早くなり終わるのも早くなってきてるとか
 反面 あまり作らなかった人たちが TVや本の紹介で作るようになってきてマスマス不足とか・
 地球温暖化はこんな所にも影響してき始めています。
 毎年楽しみにしている東京の妹に少々送り 私も少しいただいています。
 お酒のいける妹は酒のつまみに  私は おおば 梅 をはさみ手巻きすしでいただいています。
 お送りできなくて申しわけありませんが せめて写真だけでもご覧くださいませ。
a0114314_1529494.jpg
a0114314_15304489.jpg
a0114314_15312360.jpg

by capira | 2009-03-23 15:39 | 日記 | Comments(10)

今日は全国的に暖かい一日でした。
神戸は21度 豊岡は27度 とか、まさに春の陽気です。
10日に咲き始めた白木蓮が満開です。
お彼岸までもてば良いですがどうも又雨らしいので多分散ることでしょう。
今、一番綺麗な状態をご覧くださいませ。
a0114314_20352323.jpg
a0114314_20361783.jpg

可愛いお花も咲き始めています。
a0114314_2039059.jpg

今月は彼岸大師の月で明日あたりから23日くらいまでお参りの方が多くなります。
期間中お天気がよければ良いのですが、どうも後半は雨の予報です。
カピラもその間は少し忙しくなるので、お仕事に専念いたします。
by capira | 2009-03-18 20:42 | 四季の花 | Comments(10)

3月のお菓子教室は私の都合で1週目はお休みをしました。
2週目の方と合同でする事のなりましたので、日本テリアのお客様と同じ日になり
どちらにも何かと迷惑をかける状態となり、申し訳なく 反省をしています。
大昔 年配の方から 『両方良いのは頬かむりだけ」 とよく言われました。
思えば若い時から何でもかんでも欲張ってしていたようで、今も変わらずのようです。
今日は 焼き菓子で フルーツ エンジョイ と クラープです。
クレープは初歩でするのですが、気が付けばしていませんでした。
クレープ シュゼット と 同じクレープ生地を使いフランスの家庭料理?ガレット コンプレをしました。
ガレット コンプレはクレープ生地に卵 ハム グリエールチーズをはさんだ物でとても美味しいです。
実はコレは昨年春のカピラ講習会にきてくださったパテシェが目下勉強中のフランス ルマンにいるのですが
あちらのご家庭に招かれてご馳走になった物の一つで、早速教えて頂き作って見ました。
あちらとはハムの種類も違うので少しお味が薄く感じましたが、オランダからいただいたグリエールチーヅの
お陰で美味しくなりました。
只 日本テリアは気になるし  教室は気になるし で 写真があまりよくありません。
生徒の皆さん  お許しくださいね。
a0114314_13283424.jpg
a0114314_13291815.jpg

このお菓子は粉と、キビ砂糖、サワークリーム レモン汁 等でさっぱりかんをだし、
中にお好みのフルーツを挟んでいます。。
↑はドライイチゴのルキュール付けをはさみ ↓はアプリコットをはさんで 
どちらも上にスライスアーモンドを乗せて焼いています。
a0114314_1339647.jpg

クレープはお皿の上側のが ガレット コンプレ 下のがオレンジバターを挟んだ物です。
本来はこのオレンジバターとブランデーをかけて火をつけアルコールぶんを飛ばして食べるのが
有名なクレープシュゼットです。レストランで最後にお部屋を暗くして火をつけてムードを出しますが
本日は火はなしですが このオレンジバターが最高に美味しいです。
あまりにもおおざっぱな写真なので翌日撮りなおしました。 ↓
勿論コレはわたしの昼食に致しましたが。(ガレット コンプレのみです)
a0114314_13442723.jpg


by capira | 2009-03-16 13:47 | お菓子教室 | Comments(8)

今日ほど時間との戦い?は珍しいです。
実は毎年春には蔵吉フアミリーがきてくださいます。
以前せっかくの来神なのにあいにくと20日21日の彼岸大師に重なり、ゆっくろとお話しも出ず
失礼をしてしまい、以後、20日 21日はなるべく避けてきていただけたら とお願いしていました。
そんな事で1週間早めて下さいました。
が 今度は私のお菓子教室と重なってしまいました。
先週わたしの都合で休んでいるので今日は又休むわけにも行かず、どうにかなるだろう と 両方実行です。
今回は蔵吉フアミリーの親戚 姉妹 関係ばかりの集まりとなりましたので何時ものオフ会とは異なります。
とはいえ、私も仲間に入りお話しはしたいし お食事も何か食べて頂きたいし と思案しました・
お食事は準備の都合上、ワンプレートの食事と後 デザートにさせて頂きました。
教室はほぼ同じ時間帯に始まりコチラも何とか無事?出来ました。
が 両方良い!と云う事はまづないですね。
どちらもが中途半端でした。
ワンちゃんの写真はあまり取れていません。
せっかく揃ったのに残念です。
お菓子のほうもいい加減な写真しかありません。
お菓子は翌日再度取り直しが出来ますが、ワンチャンたちはもう一度という事が出来ないので
失礼があればお許しくださいませ。
今回は 蔵吉君のお相手のくるみちゃんも駆けつけてくれました。
 蔵吉君 くるみちゃん その子供の ピース君とおみちゃん(浜松より) 蔵吉君の妹 ユキちやん
 その従妹に当たる ユキちゃん(堺)
 収君 凛ちゃん 日向君 マロン君 19歳のケリー君 たちでした。
人 14名 ワン10匹 でたのしいひとときを過ごしました。
朝降っていた雨もやみお天気になりホットしました。先ずは一日前に到着の蔵吉君 ボクサー君です。↓
a0114314_1593838.jpg

堺からお越しのエル ケリ フアミリー 日向君 収君 凛ちゃん ユキちゃん ↓
a0114314_15165235.jpg

蔵吉君の妹です。↓
a0114314_1519277.jpg

a0114314_15202169.jpg
a0114314_15211324.jpg
a0114314_152058100.jpg
a0114314_15212557.jpg
a0114314_1522846.jpg

19歳のケリー君 今日も元気にきてくれました。↑ ↓全員で記念撮影
a0114314_15243877.jpg

a0114314_15254163.jpg

飼い主さん同志色々とお話はつきません。皆何処かでつながりがあります。
今回はくるみちゃんのおじいさんが、ねねのお父さんだとわかりました。ネネは叔母さんです。
当時犬のカタログに出ていたのをアップします。クルみちゃん おじいさんですよ!
a0114314_15391773.jpg

せっかく沢山のワンチャンがきてくれているのに我が家のワン達は出てきませんでした。
ラペだけがチョットお出ましでしたがどうも一人ではなじめないのか直ぐ入ってしまいます。
シャイなのか臆病なのか 勝手なのか? ハリは写真にも入りませんでした。
日本テリアは昨年は又誕生数は減っています。
が ダンダンと飼い主さん同志の連帯感が強くなり、日本テリアに対して研究熱心になってきました。
ショーの世界でも少しずつ活躍し始めています。
ボツボツで良いのです。しっかりとした観念を持ってこの犬種を育てていく人達が増えてきたように思えます。
この子も今後活躍してくれる事でしょう。↓
a0114314_15491147.jpg

by capira | 2009-03-15 15:31 | 日本テリア | Comments(15)
a0114314_16354354.jpg
a0114314_16234840.jpg

今日は一日穏やかで暖かい日です。
何気なく見上げと、ついこの間まで肌かんぼうの白木蓮に花が咲き始めていました。
白いお花が綺麗です。もう少しすると空高くに一杯の花が咲くことでしょう。
a0114314_16242071.jpg

昨年12月にはこんな状態でした ↓
a0114314_16261655.jpg

コチラも綺麗です。 ↓
a0114314_16261577.jpg

暖かいと正直な物で今日は朝から3時まで3ワンは庭で遊んでいました。
あいかわらずハリとラペは違う方向を向いています。
a0114314_1632476.jpg

by capira | 2009-03-10 16:35 | 四季の花 | Comments(9)

少し前に ネネちゃんに初めて洋服を着せたのをコチラでアップいたしました。
実は今まで犬に洋服はきせていませんでした が 12歳になるねねを見てると
毛の艶といい 昔の良さが少なくなりかわいそうになってきました。
冬場は庭へ出ても直ぐ入りたがります。
それでネネの子供のハリとみみの洋服を出してきてきせた所嫌がらづにきています。
やはり暖かいからでしょう。せめて寒い間だけでも と思っているのですが
皆さまから 可愛い!などと言われると飼い主としては案外と嬉しい物です。
お古だけで充分と思っていましたが、心優しい方々からのプレゼントがあり衣装持ちになりました。
早速きせてみると、馴れてきたのか案外着方も上手になりました。
ハリとラペが なにしてるの? と不思議そうに寄ってきて邪魔をします。
春は早く来て欲しいし と いってせっかくのお洋服は着せておきたいし 目下 複雑な心境です。
全部をきせてフアッションショーとまではいきませんがほんの一部をきせてみました。
a0114314_21303650.jpg

a0114314_21334664.jpg

a0114314_21343147.jpg

a0114314_2135539.jpg

by capira | 2009-03-08 21:34 | 日本テリア | Comments(5)

3月3日 ひな祭り


今日は花祭りの日です。
昔は関西方面は旧暦の4月にしていましたが、いつの間にやら全国的に3月となりました。
只4月まではおだししています。
毎年出している先祖からのお内裏様をお店とリヴィングに飾りました。
これらはなが~い間、蔵の中で眠っていました。
若い頃は何となく古い物が好きではなくて出しそびれていました。
震災で家が全壊し、何も持ち出す事が出来ず仕方なく蔵の物を持ち出してもらいました。
あの時は蔵の物より今着れる服などが欲しかったのですがーーー
そんな中にこのおひな様があったのです。
大きなお内裏様が100年少し前の物で小さなお内裏様が幕末の物と判定されました。
当時神戸新聞夕刊の一面にカラーで掲載され以後大切にしています。
震災で人の心を癒す為 出るべきにしてお出ましくださった と思っています。
お雛様は大勢の人に見ていただくと綺麗になられるといわれています。
家の中で私一人で見てるよりお店で大勢の人に見ていただくようになりお綺麗になられました。
毎年2月ごろになると まだ出していないの?とお客様にいわれて大急ぎでお出しします。
楽しみにしてくださる方がいらっしゃるのでとても嬉しいです。
そしてご覧になる方が皆さん 私にお顔が似てる と言われてマスマス嬉しくなります。
今年もどうかご覧くださいませ。
a0114314_14104661.jpg

a0114314_14112177.jpg

by capira | 2009-03-03 14:12 | 日記 | Comments(10)