私のお店の事や日本テリア、お菓子、料理の教室について書いています


by capira
カレンダー

過ぎ去りし日々を


 アット云う間に、早10月になりました。
 蒸し暑く、秋など感じることの少なかった9月が終わり、何となく秋めいたきました。
 が 今度は台風とか・ 目下沖縄や九州方面は大分と荒れているようです。
 コチラは雨ですが、明朝から近畿直撃と夕刊に出ています。
 11日のオフ会には晴天になってくれる事を祈るのみです。
 パソコンの設定を変えたり、ウイルスバスターのせいだったりで、
 ココの所PCも不具合が悪くて色々と困りましたが、何とか落ちつきました。
 ソンナこんなと、バタバタとで更新が遅くなりましたが、もう一つ理由がありました。
 9月に中原純一の絵をアップし、当時の本 ひまわり を思い出したとき
 もう一つわたしの中には ひまわり と云うと忘れられない人が居たのです。
 是非それを書きたくて当時の写真等を探すのに手間がかかりました。
 今日までにはお菓子教室もしましたし、アップしたいことがたまっています。
 そしてもうすぐオフ会で、コチラもアップしたいです。
 が 先日の続きとしては、まづ下記を見ていただければ嬉しいです。
 私個人的な事ではありますが 忘れられない画家 中村百合子さんです。  
a0114314_18233336.jpg

 関西在住の洋画家で砂の女 などと言われた時期もありました。
 世界を回っていましたが、特に中近東 やインド方面が多く、私がご縁が出来たのも
 カピラがインドのカピラバットウと云う昔の地名から取った位にインドにとても
 興味がある私が、インドを特に書いていられたので、何となく引かれたのが縁です。
 ご自宅にも伺い、色々なデッサンを見せて頂き、少し分けてもらったりしました。
 毎回個展の当日にはパーティをされます。
 私は必ずバラの花束を持って出かけました。
 フセインや アラファト 他 肩を組んでの写真などありますが、
 個展のパーティでソンナ国際的な話しも聞けたり、関西弁でしゃべる先生が大変魅力的でした・
 最後の個展の案内が上のひまわりの絵のハガキです。
 変だなあ、9月なのに 何でひまわり・と一瞬思ったものです。
 9月25日~30日までです。
 この初日の25日何時ものようにパーティをし、ホテルへ帰り、浴槽で亡くなりました。
 新聞で訃報を知り、驚きと同時に ひまわり が気になりました。
 やはり訳がありました。
 お母さんを無くしてまもなく、娘さんも亡くなり、
 その娘さんが大好きだったのが ひまわり だったのです。
 色々葛藤がおありだったので、せめての親としての思い出描かれたのだと思います。
 葬儀に参列された人たちは娘さんがいられるのはご存知無い方が多いのです。
 私は絵画を見る目はさして持ってはいませんが、同じ人の描く絵を何十年と見てると
 展示場に一歩入ると先生の描かれた時の心境がいかなる時かが解るようになってきます。
 神経を病んでいるとき と 生き生きとしてるときの差はやはり絵にも出てくるものですね。
 毎年個展を拝見し、パーティで楽しくお話しを聞かせていただけたのが無くなり寂しいです。
 ひまわり は私に色々な当時のことを思い出させてくれます。
 油絵は買えませんが、水彩画をいくつか購入し、震災後の新築祝いにも頂きました。
 アラブなどの絵が多い先生に、須磨寺を書いて欲しいわ と冗談で言ったのに
 ある日突然やってきて描いてくださいました。
 2枚いただいたのが震災で1枚無くしガッカリしてると、新築祝いにもう一枚送ってくださいました。
 今 お店と家にかけています。
 当時の写真がヤット見つかりましたので、ご覧くださいませ。
  (10数年前のものです)
a0114314_1922282.jpg

a0114314_1945847.jpg
a0114314_1974534.jpg
a0114314_1983642.jpg
a0114314_1993618.jpg

↓ 私の持ってる一部ですが額縁に入ってるままなので反射してますが、おゆるしを
a0114314_19255621.jpg

a0114314_1927446.jpg

 ↑ 須磨寺の風景です。
a0114314_19285052.jpg
a0114314_19292012.jpg

Commented by fairy ring at 2009-10-07 20:18 x
そんな想い出がおありになられたのですね。
それを探されるなんて すごいことです。
ヒマワリはいろんな画家が描かれていますが ひとつとして同じ顔ではないですね。当たり前ですが・・・
お若くしてお亡くなりになられたのですね~
カピラ さんにとってはとても大事な思い出ですね。
描いていただいた絵も 大切な宝物ですね。
Commented by B&J at 2009-10-08 06:20 x
こんばんは〜★
とっても魅力的な色遣いをなさるアーティストですね!この向日葵には惹かれます。そして、「朝のカフェ」は、思わず手が出そう!!
ギンザ・ギャラリーハウス、懐かしい響きがあります。銀座の画廊は、よく出かけましたから!
須磨寺の風景水彩や、インドでのデッサンが、繊細さを表していて、とても美しいです。ご苦労の多い方だったようですが、その素晴らしい精神力が、絵画となったのですね。
亡くなられたとは、とっても残念です。。。。

でも、今日のお写真の中で、もっと素敵だなと思ったのは、当時のカピラさんです!!!スタイルもよくて、とーってもお洒落!
お洋服のセンスも、流石です!!!

大変素敵な絵を見せていただきました。ありがとうございました!!
Commented by カピラ at 2009-10-08 14:42 x
fairy ring さま
ひまわりと『云えばソフィア ローレンの映画(いささか古いですが)も思いだされるのですが、私にとってはこの先生でした。絵画に疎い私ですが何かと、うることも沢山あり、本当に残念でした。今にして思えば親御さんと娘さんがお迎えにこられたのでしょうか? 
もう少し生きていて欲しかったです。
ご覧頂きとても嬉しく思っています。
Commented by カピラ at 2009-10-08 14:49 x
B&Jさま
ご覧頂き有難う御座います。ギンザ ギャラリー ハイウス ご存知だったのですね。追悼展は文芸春秋でした。ひまわり からの思い出です。
マダマダ沢山見て頂きたい絵もあり、お話も有りますがBLOGでは無理なのでやめました。でも こうしてご覧下さる方がいらして、嬉しいです。有難う御座います。(昔の写真を出すようになると、年を取った証拠ですね)。
by capira | 2009-10-07 19:10 | 日記 | Comments(4)